読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛と戦うアラサーSEの記録

札幌でSEをやっているボドゲ好きライトオタクアラサーが、腰痛(仙腸関節炎)を患った日を境に少し不自由な日常生活を送ることになった日々の記録。完治を目指す腰痛、趣味、日々のことを記します

ボードゲーム向上委員会 「第三話:怪獣王決定戦という闇」

ボードゲームを嗜むアラサーSEが布教したいボードゲームを勝手に紹介する羽毛のように軽い記事です。

 

●前回までのあらすじ

f:id:sht0116:20161204221631j:plain

ゴジラ「二人でプレイしちゃダメだぞ☆」

 

 

●疑心、運ゲ、そして焦土となった

 

では早速プレイしてみましょう!

まず、山札から一枚めくります。

f:id:sht0116:20161206201531j:plain

ペラッ

 

筆者(…ショボい)

 

ではみなさん、

各自、手札から一枚プレイするカードを選んで裏のまま出して下さい。

せーので表にしますよ!

 

せー

NOOOOOOOOOOOOOOO!!!

 

そんな普通のやり方が怪獣に通用するわけがありません!

手札の出し方は、

最初のプレイヤーから順に、手札を一枚、表にして場に出す。

これです。

※二回目以降の最初のプレイヤーは、直前にポイントカードを獲得した人となります

 

筆者(…え?人の出した数字見えちゃっていいの?バッティングゲームなのに?)

 

この瞬間、皆と被らないような数字を考えよう!

という無垢な考えは、宇宙の彼方に良心と共に消え失せます。 

自分の出す数字でいかに相手を出し抜くか、誰を陥れるか。

そればかり考え始めるようになります。

 

そうしてゲームを進めていくうちに、全員があることに気付きます。

 

…マイナスポイント多くね?

 

f:id:sht0116:20161205221253j:plain

(※自分のシンボルカード怪獣のマイナスカードを取ると+ポイントに化けます)

 

一番ポイントを取った人が勝ちと言っておきながら、

体感的にマイナスカードとプラスカードの割合は2:1。

めくってはマイナス、めくってはマイナス…。

必然的にマイナスカードを押し付け合う醜い争いを繰り広げることに。

 

f:id:sht0116:20161206211345p:plain

…そう思うとなんだかこのカードがとても素晴らしいものに見えてきましたね。

ただどう見てもウルトラマンのパチモンじゃ

 

誰かが上のカードを取ったと仮定して、話しを進めましょう。

このウルトラマンもどきを取ったプレイヤーが、山札から一枚カードをめくります。

 

f:id:sht0116:20161206205649j:plain

ペラッ

 

全員(…い、要らない!)

 

そして全員が『1』を出したとします。

数字がバッティングしているので、このポイントカードは誰のものにもなりません。

先ほど山からカードを取ったプレイヤーが、再度一枚カードをめくります。

 

f:id:sht0116:20161206210357j:plain

ペラッ

 

この時点で、ポイントは先ほどのカードと合わせて『ー12』。

全員が『2』を出して、今回も見送られることに。

 

そして三回目。

 

f:id:sht0116:20161206210647j:plain

ペラッ

 

三枚のカードのポイント合計『ー17』

既に2回見送られているので、ここから闇のゲームが始まります。

 

3回目から、プレイヤー自ら場に出すカードを選ぶことが出来なくなります。

では、どうするか。

隣のプレイヤーにババ抜き方式で手札から一枚引き抜かれたカードで強制プレイ

となります。

 

つまり、

ー17ポイントを、大事にとっておいた手札『10』を引き抜かれて獲得してしまう

という不幸な事故が十分に起こりえるのです。

泣きましょう。泣くしかありません。

 

f:id:sht0116:20161206221809j:plain

もどき「元気出せよ」

 

 

しかし、-17ポイントを引き取って落ち込んでいるそこのアナタっ!

ご安心ください、まだまだ逆転可能です!

山札にはポイントカードの他に、実はこんなカードも入っています!

f:id:sht0116:20161205221552j:plain

じゃーん!

イベントカードと呼ばれるカードで、山札からこれらが現れた瞬間、

山札をめくったプレイヤーに対して効果が発動されます!

(上記以外にも複数イベントカードが存在します。記述に従ってプレイしましょう)

 

つまり、ー17ポイントになったとしても、タイムワープ消滅作戦を引けば焦土に!

 

どんなにポイントを稼いでいても、

f:id:sht0116:20161206215312j:plain

タイムワープ消滅作戦一つで焦土に!

 

山札最後の一枚であっても、

f:id:sht0116:20161206215403j:plain

それがタイムワープ消滅作戦であれば焦土に!

 

……。

 

スティーブン・R・コヴィーの名言と共にお別れしましょう。

『信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生』

 

グッバイ

 

 

※怪獣王決定戦の紹介はこれで以上になります。

今後の委員会活動は未定です。(2016年12月6日現在)