読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛と戦うアラサーSEの記録

札幌でSEをやっているボドゲ好きライトオタクアラサーが、腰痛(仙腸関節炎)を患った日を境に少し不自由な日常生活を送ることになった日々の記録。完治を目指す腰痛、趣味、日々のことを記します

腰痛闘病戦記1「仙腸関節炎になりました」

北国でSEとして働きながら婚活やボドゲを楽しみながら生きていた私が、体調を崩し二ヶ月以上が経った。
私の腰痛には「仙腸関節炎」という名前がついた。
この名前がつくまでに、二ヶ月かかった。
骨盤の、仙骨と腸骨の間の関節に負担がかかり炎症がおきたらしい。
今までいくら腰のMRIを撮っても分からなかったわけだ。
調べると、原因不明の慢性腰痛としてたらい回しになるケースも少なくないらしい。

症状としては
●腰痛(尾てい骨左斜め上の痛み)
●臀部痛(左臀部のしびれと痛み)
●下腹部痛(左下腹部の痛み)
●足の付け根外側の痛み(これも左足)

そして、特に日常生活に支障をきたした症状は
●仰向けで寝ると左足に激痛(このせいで酷いときは3日間まともに寝られなかった)
●15分以上座れない(臀部に激痛&腰がだる過ぎて起立、座位を保てない。これが一番辛く、一週間会社を休んだ)
●いつ治るか分からない不安

特に支障をきたした症状のうち、上2つはおさまりつつある。
時々痛みや違和感で目が覚めるが、寝られないことは無い。
今はどうにか45分くらいは座れる、はずだ。
でも、いつ逆戻りするか分からない。
この不安は腰が治ったと思えるまで、消えないのだろうと思う。

安静、鎮痛剤、筋トレという対処療法だが。

…うーん。

どうにか自分でできる事はないだろうか。
私は我慢弱い。
それが今までの人生でプラスにもなったしマイナスにもなってきた。
多分、これから腰のために色々と手を出して彷徨うことになるのだろうな、と思う。

完治すればいいなあ〜。
正直な話、まさかこの歳で腰を痛めることになるとはね…。
人生は何時だって、何が起きるか分からない。